UDタクシーに乗ってみようキャンペーン! 全国のみなさん、6月中に1回UDタクシーに乗ってください!

UDタクシーに乗ってみようキャンペーン! 全国のみなさん、6月に1回UDタクシーに乗ってください!運転手の接遇改善と車両の改善提案へ : DPI 日本会議より

UDタクシーに乗ってみようキャンペーン!6月集中実施
全国のみなさん、6月に1回UDタクシーに乗ってください!
運転手の接遇改善と車両の改善提案へ

現在、日本には2車種のUDタクシーが走っています。
日産のNV200とトヨタのJPNタクシーです。
このUDタクシーをめぐって、各地で「無視して通り過ぎられた」
「スロープがないから載せられない」「時間が掛かるからだめ」と言われたという報告があります。
せっかく走り出したUDタクシーが適切に運営されておりません。

そこでDPI日本会議では「UDタクシーに乗ってみようキャンペーン」を実施したいと思います。
このキャンペーンの目的は、
1 運転手の接遇改善
2 車両の改善提案 の2つです。
6月に集中してUDタクシーに乗車し、どのような接遇だったか、
車両等の問題点はなにかという報告をDPIにお寄せください。
これをまとめて国交省やタクシー協会等に働きかけたいと思います。
1つでも多くの事例を集めたいので、ぜひ、みなさんご協力をお願いします。

★日産NV200 ※スロープ付き(UD)となしの2種類が走っています
https://biz.nissan.co.jp/CARLINEUP/PDF/nv200_taxi.pdf
★トヨタJPNタクシー
https://toyota.jp/jpntaxi/

●キャンペーン内容
1. 6月に1回乗車してください!
6月の一ヶ月に集中して実施します。
全国の皆さん、6月にUDタクシーに一回乗車してみてください。
もちろん複数回でも大歓迎。日産のNV200(後方乗り込み)と
トヨタのJPNタクシー(側方乗り込み)の両方乗れると比較もできますのでさらにGOODです。

2.報告書に記入して、DPIに送ってください!
乗車したら以下の報告書に記入し、
DPIにメールかファックスで送ってください。DPIのウェブからは直接記入できます。

▽報告書(ワード)
http://dpi-japan.org/wp-content/uploads/2018/05/c5b68f367ddc3db18a81cffca80cb5b0.docx
▽ウェブフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf8sZgOqw0bIXqHVQKX0Fw7ojHIiR6Qt3msOsJCZbflmh-FiA/viewform?fbzx=1602438122695663600

3.乗車拒否の場合はタクシー会社に電話を!
もし、乗車拒否された場合は、必ず会社名と車のナンバーを控えてください。
タクシー会社に電話し、乗車拒否されたことを伝えると、会社は運転手に指導します。
会社は運転手が拒否しても言われないとわからないので、ここは重要です。
接遇改善に繋がりますので、ぜひ、取り組みをお願いします。
実際の乗車拒否がどのくらい起こっているか実態をまとめて、
国交省等に働きかけたいと思います。

【トヨタJPNタクシーの乗り方(映像と解説)】
日産NV200は後方乗り込みなので手順は簡単ですが、
トヨタのJPNタクシーは側方乗り込みで、複雑で時間もかかります。
運転手さんは、車椅子の乗車方法を知らなかったり、
忘れている人が結構いますので的確に教えてあげられると効果的です。
下記、乗車方法を動画で解説したものです。
30分とかなり長いので、正直見るの大変です。
時間がない方は、下記の乗車方法の解説を御覧ください。

◆映像 https://www.youtube.com/watch?v=G_t1-OYnz2o

◆解説
1.座席を跳ね上げる(後部、助手席、運転手席)
後部座席と助手席をたたみます。後部座席は一旦全部跳ね上げます
(跳ね上げるとそこにスロープ1枚と車いす固定ロープが収納されている)。
助手席はたたんで前にスライドさせます。
さらに運転席も前にスライドします(これが重要!)。
これをやることで、車いすが乗車し、前向きに回転できるスペースが確保されます
(しかし、全長長い車いすは苦しいかも)。

2.スロープ設置(歩道から乗車は1枚、車道からは2枚)
後部左ドアにスロープを設置し、横から乗り込みます。
この時に大事なのは、歩道から乗り込む時はスロープが1枚
(歩道は15cmくらい高くなっているので、スロープ1枚でも傾斜が急にならない)で、
車道から乗り込む場合はスロープを2枚つなぎます(角度が緩やかになるように)。

◯歩道から乗り込む場合(スロープ1枚)
スロープ1枚でOKです。1枚目のスロープは後部座席の下にありますので、
後部座席を跳ね上げた時に出てきます(収納袋に入っています)。
スロープはずれないように左右フックが付いておりますので、室内と固定します。

◎車道から乗り込む場合(スロープ2枚)
角度が急になるので、2枚のスロープをつないで設置します。
2枚目のスロープはトランクに積んであります。
これを知らない運転手さんが沢山いますので教えてあげてください。
運転手さんは車いすのこと詳しくないので、
1枚でも乗れると思って2枚目を出さない人が多いです。
スロープ積んでないと言う運転手もいますので、トランクに入っていると教えてください。

3.乗車:運転席を前にスライドするのがポイント!
スロープを上がって室内に入ったら、基本的には回転して前向に乗車します。
この時に必ず運転席を前にスライドさせてください。
これも運転手さんよく忘れていますので、教えてあげてください。
スライドさせないと運転席が邪魔になり車いすを前に回転できません。
さらに、運転席の左にお金を置く台がくっついているのですが、
これが邪魔になる場合があります。これは取り外せますので、
邪魔な人は取り外してもらってください。

4.固定:固定はベルトで左右2点止め方法です。

カテゴリー: 会員・地域の催し パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です