観てから読む!読んでから観る!映画「最強のふたり」の副読本に!頸損解体新書2010ひとりじゃないよ 2012年夏のキャンペーン!vol.4

映画「最強のふたり」を観る前の予備知識に、観た後の解説として頸損解体新書2010 ひとりじゃないよ(2,000円)をお手元に!
フィリップの「全身麻痺(マヒ)」「首から下が麻痺」という属性は頸髄損傷=四肢麻痺という頸部の脊髄損傷のことです。

予備知識無しに観るとドリスの立場から、読んでから観るとフィリップの立場から感動できると思います。
※あくまで頸髄損傷者と介助者(ヘルパー)の関係からの管理人個人の感想(思い込み)です。
映画の宣伝ではありません。頸損解体新書2012の宣伝です。

映画「最強のふたり」予告編 – YouTube

以下は予告編のカットからの解説です。 
映画「最強のふたり」 食事介助の場面

食事介助をする場合、介助者は被介助者の介助者の利き手側に座って行います。ドリスは右利きなのでフィリップの右に座っています。
食事用ナプキン・エプロンを付けた方が汚さなくて済みますが好みの問題です。
具体的には食事の工夫 – はがき通信INDEX【海賊版】を参照下さい。(はがき通信

関連記事:

カテゴリー: 頸損解体新書2010 ひとりじゃないよ タグ: パーマリンク