日本リハ工学協会・日本福まち学会(共に関西支部)共催企画
「生きていく」上映会&ディスカッションの報告2010.12.19

今年新たに設立されました、日本リハビリテーション工学協会関西支部と日本まちづくり学会関西支部の共催企画です。
両学会の交流の場としたいと思っております。
兵庫県尼崎在住の頸髄損傷、人工呼吸器を使用する男性が、ヘルパーと1年がかりで北海道旅行を準備した。両親やはじめてかかわるボランティアとともに喜びやトラブルを味わいながら、大地を駆け抜けていく。喪失感を繰り返す生活の中で、人とかかわりながら、生きる力へつなげていこうとする男性の2年間を見つめた作品の上映です。
「生きていく」上映会&ディスカッション

上映後、主人公の男性、監督、リハ工学エンジニアと参加者と共にディスカッションを行いました。
会場である川村義肢の福祉機器展示ホール及び製造作業所の見学も出来ました。(申し込めば随時見学が可能との事)
■ 日時:12月19日(日) 12:30~17:00
■ 場所:川村義肢株式会社大東本社大ホール
  〒574-0064 大阪府大東市御領1-12-1
 (JR学研都市線住道駅から徒歩約20分タクシー約5~10分)
  http://www.kawamura-gishi.co.jp/office/office_honsya.html
■プログラム
 12:30~12:40
    関西支部代表挨拶、理事長挨拶
 12:40~12:50
    趣旨説明、「生きていく」神吉良輔監督挨拶
 12:50~14:30
    「生きていく」上映
  休憩&ショールーム見学
 15:15~16:45
    会場全体でディスカッション
    池田英樹さん(「生きていく」主人公)、
    神吉良輔さん(監督)
    井上剛伸さん(国立障害者リハビリテーションセンター)
 16:45~17:00 挨拶、アンケート

■ 参加費:1,500円(会員・学生) 2,000円(一般)

■ 問い合わせ:日本リハビリテーション工学協会関西支部事務局
       神戸学院大学・糟谷研究室
       FAX:078-974-1920 kansai@resja.gr.jp
(事前に参加申し込みを事務局まで頂けると
 準備の都合上,助かります
 申込用紙はこちら→申込用紙(PDF)


関連記事:

カテゴリー: 人工呼吸器使用者, 会員・地域の催し, 日本リハビリテーション工学協会 パーマリンク

日本リハ工学協会・日本福まち学会(共に関西支部)共催企画
「生きていく」上映会&ディスカッションの報告2010.12.19
への1件のフィードバック

  1. kidoch のコメント:

    「生きていく」は2回目の視聴になりますがだんだんと自分も旅行してみたいと思ってきました。航空会社やJRの態度は早急になんとかしたいですね。公共の福祉をうたいながら合理的配慮を欠いた姿勢に憤りを感じます。

コメントは停止中です。